クレジットカード利用時に発生する手数料の種類について

クレジットカードでショッピングをするのは、高いものを買う時だという人が多いようです。買い物をする時にクレジットカードを使う時は、カード会社に支払うための手数料が必要です。この手数料は客ではなく、店が払うことが条件になります。わたしたちユーザーが負担する手数料としては、カードの発行手数料や解約手数料、そして年会費などがあります。

ここで注意したいことは、クレジットカード決済時の手数料は、客の負担ではないということです。加盟店側からすると、購入者が現金払いをした時には、決済手数料を支払わなくて済みます。クレジットカードで買い物をしてもらうと、店はカード利用料金として手数料を支払うことになります。わざわざ手数料を支払ってまでクレジットカードに対応する店が多いことに疑問を持つ人もいますが、カード決済OKにする利点があります。

買い物をする時にクレジットカードが使えるようにしておいたほうが、多くの客が買い物をするようになりますので、カード決済を歓迎する店が多いわけです。決済手数料分だけ、利益が少なくなりますが、利用者のメリットを優先することで、顧客サービスの向上を目指しているのです。

支払いを後回しにすると店にとってプラスにならないと考えて現金のみ支払いにしている会社は、経営状態が危うい状態にあるのかもしれません。決済手数料は普段気にするものではありませんが、クレジットカードを所有するのであれば知っておいても損はないでしょう。クレジットカードの決済に伴う色々な手数料があることを知った上で、自分に利益になるような使い方をしましょう。

Yahoo!JAPANカードがおすすめな訳とは?

コメントを残す